ごあいさつ

昭和23年(1948年)4月1日、弥富幼稚園は1558年創建の曹洞宗宝泉院(禅宗寺院)敷地内に誕生しました。

園長 村瀬和彦

開園以来70年余りの伝統をもち、平成29年度末までの卒園生は6186名に上ります。また昭和63年より学校法人化されています。
緑に恵まれた自然環境の中で、お友達とのかかわりを大切に日頃の「あそび」や「行事」にのびのびと楽しく参加し、そこから生まれる感動を重ねつつ、心豊かな幼児期を過ごしていただけるよう願っています。

本園は宗教情操教育を特徴とし更に体操教育・制作・自然観察に重点をおいております。

近年では平成27年度に2棟ある園舎の一つを建て替え致しました。

課外授業に音楽、体操、英語教育もあります。

また一般的な給食センターのものではない、自園調理の給食も好評です。

当園では10年ほど前よりホームページを開設し情報を発信してまいりましたが、今回これを刷新することによって、保護者の方々により良いサービスを提供したいと考えております。
また、未就園のお子様をお持ちの保護者の方々にも、ホームページを通じて募集要項などの情報を発信したいと考えております。
こうしたことによって、この弥富幼稚園が皆様から見てよりいっそう開かれた園になることができれば幸いです。

園長 村瀬和彦

 

寳泉院

寳泉院由緒

永禄元年(1558年)織田信長の命により清洲寺町に草創和翁慶順勧請南桂慧泉を開山として開かれました。
その後慶長遷都で大須裏門前町に移転。昭和15年道路疎開により現在地に再移転。
本堂・山門は創建当時のものです。

本尊阿弥陀三尊佛は寳泉院創建時に信長公から賜わったもの(尾張名陽図會)で、室町時代前期の作です。
山門の土塀は熱田神宮の信長塀と同様式です。
開基家水野太朗左衛門家は鋳物師頭として内寺院の梵鐘や雲版等の製造独占権を得、又、高麗屋吉田新三郎家は油問屋として信長公・徳川家の庇護の下に清洲越の御用達商人として絶大な権力を誇りました。

寳泉院住持謹記

   

当園の概要

お気軽にお問い合わせください。052-831-0762受付時間 9:00-16:30 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせ